FAQ

よくあるご質問

Immovable property

不動産について

Q. 投資用としてフィリピン不動産を買うことについて、リスクはありますか?
A. アジア主要都市の不動産価格を比べると、フィリピン不動産の安さは際立ちます。外国人が所有権で不動産購入できる東南アジアの国は、フィリピンの他にもマレーシアがあげられますが、外国人が購入する場合には「最低購入金額」が定められており、高額投資になるのでリスクもそれに伴い大きくなります。かわって、フィリピンでは「最低購入金額」が定められておらず、低価格物件も投資用に購入することが可能です。
Q. フィリピンにはどのようなタイプの不動産がありますか?
A. フィリピンでは、住宅関連の不動産は次のタイプに分類されます。
・Lot → 土地
・House & Lot → 土地付一戸建住居
・Condominium → マンション
・Town House → 共同住宅

Seminar

セミナーについて

Q. どんなことを説明するのですか?
A. ・フィリピン不動産の投資メリット。
・フィリピンという国について。
・物件を購入するエリアについて。
・購入後の管理、運用について。
上記についてご説明いたしますが、ご要望に応じて内容は変更することがございます。

Tour

視察ツアーについて

Q. 物件を購入するか決めていなくても、ツアーへの参加は可能でしょうか?
A. 可能です。視察ツアーを体験してからご判断していただければ結構です。
Q. 英語が全く話せないのですが心配はありませんか?
A. 日本人スタッフが同行いたしますので、全くご心配いりません。

Contract

契約手続きについて

Q. 手続きのために何回か現地へ行く必要はありますか?
A. 事前に委任状をご用意いただければ現地に出向いていただかなくても処理が可能です。